シューマッハがスキー事故で昏睡状態に?病院と容体は?サッカーも?

シューマッハがスキー中に事故に遭いました。

搬送先の病院情報や容体についてまとめていきます。

サッカーの検索もあったのでそちらもまとめていきます。

 

シューマッハがスキー中に事故?

 

Sponsored Link

 

フランスのスキーリゾート地である、

メリベルでスキーを楽しんでいました。

プライベートで訪れていました。

 

 

ゲレンデでない所を滑走しているときに、

転倒し、頭部を岩に激突しました。

他に巻き込まれた人はいません。

 

誰かと複数でスキーを楽しんでいたことや、

14歳の息子の一緒に、

スキーを楽しんでいたことが明らかになっています。

 

いくつかの記事を読むと

事故のときにはヘルメットを着用していたこと、

事故直後には意識があったことが、

確実だと言えます。

 

F1では過去に7度の総合優勝をしました。

復帰参戦もしている生ける伝説のようなドライバーです。

ファンも多く、世界中の方が心配しています。

 

搬送先の病院は?

 

シューマッハ スキー 搬送先病院

 

事故直後に近くのムーチエという病院に、

ヘリコプターで緊急搬送されました。

その後、グルノーブル大学付属病院に転送されました。

 

写真は記者会見を行った、

ジャン・マルク・グルニエ副院長です。

病院のコメントもありました。

 

「附属病院に着いた時には、昏睡状態に陥っていた。

頭部の外傷は深刻で送球に外科治療が必要だった。

依然として重体である。」

Sponsored Link

とコメントしています。

 

病院は、パリの著名な脳経外科医を手配したり、

シューマッハがかつて治療を受けた医師も呼んでいます。

また、周辺の警備体制も強化しています。

附属病院はシューマッハの治療に全力を注いでくれることでしょう。

 

シューマッハの容体は?

 

シューマッハ 容体

 

事故直後の情報では、

ヘルメットの着用と意識があったことから、

重傷でないと伝えられていました。

 

しかし、近隣の病院から、付属病院に転送された際には、

既に意識がなく、緊急手術が必要な状況でした。

このことから容体が悪化したことが考えられます。

 

病院のコメントで重体とあることや、

フランスの地元紙では、「命にかかわる状態」とコメントしていることから、

シューマッハの容体が深刻であることがわかります。

脳内出血を起こしている可能性もあるようです。

 

2014年1月3日に45歳の誕生日を迎えますが、

彼の意識が戻るかは正直検討も着いていないと思います。

情報は随時、公開されていくようです。

 

シューマッハがサッカーをする?

 

 

シューマッハはサッカーもうまいようです。

動画を見ても、素人とは思えません。

ニコ・エロズベルグもしていますが、二人ともうまいです。

 

38歳のころには、スイスの3部リーグのチームに所属していました。

FIFA公認のチャリティー試合の

「ジダンフレンズ vs ロナウドフレンズ」にも出場しています。

 

FC.ケルンというドイツリーグのチームのファンでもあります。

レース前にサッカーをしてくるという噂もありました。

車にサッカー好きはドイツのお国柄にも思えてきますね。

Sponsored Link

最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

アメフト選手の身体能力が半端じゃない!!

犬と猫がかわいすぎるww

短時間でリフレッシュ!!

恋愛心理テスト!!

スーパープレイ集!!

ちっちゃいおじさんはいた!?

このページの先頭へ