デング熱が60年ぶりにドイツ人に感染した!症状と検査と予防方法は?

デング熱の感染が

60年ぶりに日本で発見されました。

すごく久しぶりの感染ですね。

 

知らない人も多いため、

症状や検査、予防方法に関して

まとめていきます。

 

デング熱が日本で感染した!

 

Sponsored Link

 

日本で60年ぶりにデング熱の感染が確認されました。

発覚したのは2013年9月3日です。

51歳のドイツ人女性です。

 

デング熱 感染 ドイツ人

 

女性は2013年8月19日~31日に、

日本を観光しています。

長野、山梨、広島、京都を観光しました。

 

ドイツに帰国後、9月3日頃に体調不良を訴えました。

ベルリンの病院で診察を受け、

デング熱と診察されました。

 

デング熱の症例は、日本において

年間200例ほど報告されています。

そのどれも国外で感染して帰国後の発症例です。

 

日本国内で感染した例は実に60年ぶりです。

デング熱は亜熱帯や熱帯で多くみられる病気です。

日本内の感染を考えたら、

温暖化の影響も考えられそうですね。

 

症状は?

 

 

デング熱はヒトスジシマカという蚊から感染します。

デングウイルスを保有する蚊に刺されると感染します。

ウイルスが体内から消えると治ります。

 

症状は、

高熱、頭痛、筋肉痛、発疹です。

ドイツ人女性も40度の熱と吐き気の症状が出ました。

 

感染から3~7日で症状が出ます。

人から人への感染はありません。

大半が軽傷です。

 

アジアで話題になるのは

重症型のデング熱が小児に感染し、

重症化するためです。

 

軽度や中度の場合には、

経口や点滴で水分を補給して

安静にします。

 

重症化の心配は、

対象となる国に行った場合にした方が

過度の不安を抱えなくて済みます。

Sponsored Link

 

検査方法は?

 

デング熱 感染 検査

 

手の平の発疹例です。

若干、赤くなっています。

かゆみも出ます。

 

デング熱の検査方法をまとめていきます。

主に患者からの症状の報告で判断します。

しかし、風邪などと症状が似ています。

そのため、複数の症状で判断します。

 

発熱以外に

吐き気、発疹、全身の痛み、白血球の減少など

から推測します。

 

風土病として警告されている地域に

行ったかどうかも判断材料になります。

重度のデング熱が発症する前に警戒兆候が現れます。

 

ターニケット検査も有効です。

血圧を測る要領で、

腕に一定の圧力をかけます。

点状の出血班が見られたらデング熱を疑います。

 

予防方法は?

 

デング熱 感染 予防

 

一番確実な予防方法は、刺されないことです

そのためには、蚊取り線香蚊帳

使用することです。

 

効果的なワクチンがないため、

このような方法が望ましいです。

あとは、皮膚を出さない服装もオススメです。

 

海外の取り組みでは

蚊の生息地を減らすために、

水たまりを減らしています。

 

先進科学では、

遺伝子組み換えのオスやメスを

放出する実験もあります。

遺伝子組み換えによる、

自然への影響が心配です。

Sponsored Link

最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

アメフト選手の身体能力が半端じゃない!!

犬と猫がかわいすぎるww

短時間でリフレッシュ!!

恋愛心理テスト!!

スーパープレイ集!!

ちっちゃいおじさんはいた!?

このページの先頭へ