STAP細胞を小保方晴子が開発!海外の反応と値上がり関連株はどこ?

STAP細胞という万能細胞が開発されました。

細胞や開発者の小保方晴子さんについてまとめます。

今回の発表に関して海外の反応や株価への影響も調べました。

 

STAP細胞とは?

 

Sponsored Link

 

これまで話題になった万能細胞はiPS細胞です。

今回のSTAP細胞も万能細胞です。

分かりやすく比較しています。

 

 

iPS細胞は人の細胞での実験が成功しています。

STAP細胞はマウスの実験段階で成功しています。

まだ人での成果は出ていません。

 

作製の時間

極端に短くなるのは素晴らしいですね。

実用化した時に迅速な対応ができます。

 

iPS細胞は遺伝子操作する為、

がん細胞に変化するリスクが

残ります。

 

一方でSTAP細胞は、外的な刺激だけなので

がん細胞になるリスクが低いです。

安全性という面で優れています。

 

iPS細胞では、変化出来なかった

胎盤への変化にも成功しています。

早くて、安全で変化が大きい細胞を発見しました。

 

開発者は小保方晴子さん!

 

 

今回のSTAP細胞の開発者は

小保方晴子です。

変わった苗字ですね。プロフィールをまとめていきます。

 

名前:小保方晴子(おぼかた はるこ)

生年月日:1983年

出身:千葉県松戸市

 

早稲田大学出身です。

学部の頃は微生物の研究をしていました。

教授のアドバイスで院に進学と同時に先端生命医科学に専門を変えます。

 

2008年にアメリカ・ハーバード大学医学部に留学します。

チャールズ・バカンティ教授のもとで研究をし、

STAP細胞のアイディアを思いつきます。

 

しかし、共同研究者が見つかりませんでした。

やっと若山照彦理化学研究所が申し出てくれました。

論文も一度発表しましたが批判されました。

 

めげずに研究を続けて再度論文を発表しました。

そして、生物の研究で有名な

「Nature」という雑誌に発表し脚光を浴びました。

諦めない気持ちが重要ですね。

Sponsored Link

 

海外の反応は?

 

STAP細胞 海外の反応

 

今回の発見に対する

海外の反応や専門家の声を

紹介します。

 

イギリスの電子版のネイチャーでは

簡単な過程で万能細胞を作り出すのはありえない。

常識を覆す成果だ!!

 

専門家も「信じられない」とコメントしています。

今後の医療やそのほかの分野の

研究も進むだろうと将来に期待しています。

 

各国の新聞や雑誌でも

大きく取り上げられて、

世界から注目されています。

 

画像は留学した時にお世話になった

ハーバード大学の教授です。

彼女の努力は素晴らしいとコメントしています。

 

彼女の留学時代の研究に対する

態度や、周りの人とのコミュニケーションを高く評価しています。

今後も協力して研究していきたいと述べています。

 

株価の変動にも影響が!?

 

STAP細胞 株価

 

なんと株価への影響もありそうです。

小保方晴子が研究しているのは

大学の施設です。

 

今回の発表で

バイオ関連の株にいい影響

起こったようです。

 

ナノキャリア、ペプチドリーム、

カイオム・バイオサイエンス、ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング

テラ等の株に刺激がありました。

 

今回の発表で

今後の研究成果に対する

期待の現われかもしれませんね。

 

ここまで影響が出るほどの

大発見ということかもしれませんね。

素晴らしい発見ですね。

 

iPS細胞で日本人がノーベル賞を獲りました。

それよりも優れているということは

今回もノーベル賞が楽しみですね。

Sponsored Link

最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

アメフト選手の身体能力が半端じゃない!!

犬と猫がかわいすぎるww

短時間でリフレッシュ!!

恋愛心理テスト!!

スーパープレイ集!!

ちっちゃいおじさんはいた!?

このページの先頭へ