プレデターズのハンゾー役がかっこいい?生き残りをかけた衝撃の結末!

金曜ロードショーで「プレデターズ」が放送されましたね

ハンゾー役がかっこいいということで

彼のプロフィールと衝撃の結末をまとめます。ネタバレ注意です。

 

ハンゾー役は誰?

 

Sponsored Link

 

プレデターズに登場する

ハンゾー役の人がかっこいいと話題になっています。

そこでプロフィールをまとめていきます。

 

 

名前:ルイ・オザワ・チャンチェン

生年月日:1976年10月11日(37歳)

出身:アメリカ ニューヨーク州

 

日本人の母と

台湾人の父の息子として生まれました。

日本語も話すことができます。

 

プレデターズのオーディションに受かり、

ハンゾー役を獲得しました。

日本人やくざ役です。

 

今回の映画では

日本社会が少しコミカルに描かれましたが、

ハンゾーは堅実な日本人といった役柄です。

 

日本の社会感とハンゾーの役の

ギャップが良い感じを演出しているのかもしれません。

漢と書いて「おとこ」と読むといった役柄です。

 

彼の他の出演は?

 

 

2012年の上映された

「ボーン・レガシー」

LARX-03役として出演しています。

 

残念ながら紹介動画では分かりませんでした。

1999年から映画に出演し、

8作品に出演しています。

 

ボーンシリーズも

無口でひたすら標的を狙う役を演じます。

普段の彼もそうかと思いましたが違いました。

 

映画の取材で日本の取材は日本語で対応します。

話すと気さくで明るい性格

 

あることがわかります。

小さいころから剣道を習い、

プレデターズの役でも活かすことができました。

 

これには本人も驚いた様子でした。

彼は、レストランのウェイトレスや

弁護士の事務所の仕事なども経験しました。

しかし、ずっとする仕事なら俳優しかないと言っています。

Sponsored Link

 

生き残りをかけた戦い!

 

 

ハンゾーとプレデターの戦いです。

少し画面が暗い感じがします。

熱い男(?)の戦いです。

 

台本ではバトルシーンは

「BATTLE」と書かれるのに

この戦いは2ページ分書かれていたそうです。

 

ハンゾーを含む選ばれた人間は

プレデターの狩りのために

地球ではない惑星に飛ばされました。

 

そして、人間たちの生き残りと

かけたプレデターとの戦いが始まります。

もちろんハンゾーも戦います。

 

ガンアクションが多い

洋画の中で

日本らしい刀の戦いが見れるのは嬉しいですね。

 

衝撃の結末は?

 

プレデターズ 生き残り 結末

 

上の章では最後のシーンで

動画が終わっています。

二人(?)の勝負の結末を紹介します。ネタバレ注意です。

 

二人の戦いは

相打ちです。

日本男児といった結末ですね。

 

ハンゾーが一体倒したことにより

最終的には4体のプレデターが

死亡したことになります。

 

そして生き残ったのは

主人公のロイスと

女スナイパーのイサベルです。

 

生き残りましたが、

再び違う生物が空から落ちてきます。

そこで次の狩りが始まったことに気づきます。

 

地球に帰る船がないことがわかります。

そして、プレデター達の船を奪うことを決めます。

ここで映画は終わっています。

 

実はこの映画には

二つの結末が用意されていました。

もうひとつの結末は監督しか知りません。

Sponsored Link

最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

アメフト選手の身体能力が半端じゃない!!

犬と猫がかわいすぎるww

短時間でリフレッシュ!!

恋愛心理テスト!!

スーパープレイ集!!

ちっちゃいおじさんはいた!?

このページの先頭へ