恵方巻きの2014年の方角!2015年は誰が決める?衝撃の決め方と意味!

恵方巻きの日が来ましたね。

2014年の方角を振り返るとともに

来年の方角や方角の決め方をまとめていきます。

 

2014年の方角はこっちだ!

 

Sponsored Link

 

2月3日は恵方巻きを食べますね

この記事を書いている日が

ちょうどその日です。

 

 

2014年の恵方巻きを食べる向きは

東北東です。

守れたでしょうか?

 

スマホアプリなどで簡単に

方角を確かめられると思います。

動画のウサギもきっと守っていることでしょう。

 

あれ?

ウサギは最後の方で別の方を向いてしまいました。

残念です。

 

恵方巻きを食べるときは、

無言で方角を守って

食べきったら願い事が叶うとされています。

 

一本を食べると

お腹いっぱいになるので、

ご飯前などお腹すいてる時が良いかもしれませんね。

 

それと喉に詰まらせないように

気を付けてください。

お子様や年配の方は注意が必要です。

 

2015年の方角はどっち?

 

恵方巻き 方角 誰が決めている

 

気が早いですが、

さっそく来年の2015年の

方角も調べてみました。

 

2015年の方角

西南西よりやや右です。

毎年発表される方角より「やや右」が本当の位置のようです。

 

「やや右」と言われても

どのくらい右なのか

分かりにくいですね。

 

どうやら中国式と西洋式の

方角の決め方に差があるために

「やや」と調整が必要のようです。

 

恵方の向きは中国式

一般的な方角は西洋式です。

やはり「やや右」のようです。

 

毎年変わっているといわれていますが

1年前の方角を覚えていないので

変わっているか分かっていませんでした。

 

2年間を比較すると

分かりやすいですね。

ほぼ正反対の方角に変わるんですね。

Sponsored Link

 

誰が決めている?

 

恵方巻き 方角 意味

 

方角は神様が決めています。

半分は冗談ですが

半分は真実味があります。

 

各方角には

神様がいるという考えがあります。

それを中国式の方角で表します。

 

毎年神様の方角が変わり、

それを十干(じっかん)で表します。

十二支の10種類版です。

 

2014年は甲(きのえ)なので東北東やや右

2015年は乙(きのと)なので西南西やや右

です。甲乙と関係がありそうですね。

 

10種類の方角が毎年変わっていくので

干支と一致しないのが

何とも言えないですね。

 

日本で生まれた文化なので

一般的な西洋式方角に

合わせてほしかったですね。

 

方角の意味は?

 

恵方巻き 方角 2015

方角の意味は、

その年の

福徳をつかさどっている神様を表しています。

 

十干で神様の方角がわかります。

この先10年の方角も

併せて紹介します。

 

甲(きのえ):東北東やや右「2014年」

乙(きのと):西南西やや右「2015年」

丙(ひのえ):南南東やや右「2016年」

 

丁(ひのと):北北西やや右「2017年」

戊(つちのえ):南南東やや右「2018年」

己(つちのと):東北東やや右「2019年」

 

庚(かのえ):西南西やや右「2020年」

辛(かのと):南南東やや右「2021年」

壬(みずのえ):北北西やや右「2022年」

癸(みずのと):南南東やや右「2023年」

 

打ってて気づいたのですが

全てパソコンで変換ができます。

読み方が難しいだけで漢字としてはあるんですね。

一つ勉強になりました。

Sponsored Link

最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

アメフト選手の身体能力が半端じゃない!!

犬と猫がかわいすぎるww

短時間でリフレッシュ!!

恋愛心理テスト!!

スーパープレイ集!!

ちっちゃいおじさんはいた!?

このページの先頭へ