プール熱が冬でも流行!大人への感染力と病院は何科へ?治療と出勤情報!

夏に流行するプール熱が、冬にも増加しています。

そこで流行に合わせて、

大人が感染した時の対処方法をまとめていきます。

 

プール熱が冬に流行!

 

Sponsored Link

 

プール熱は、アデノウイルスによる体調不良です。

プールやタオルを一緒に使うことでうつることから、

この名前がつきました。

 

 

その名前の通り

7~8月の夏場に

流行する病気です。

 

しかし、ここ2週間で

プール熱の流行傾向が見られます。

九州や中国地方でその傾向があります。

 

2週間くらいで患者の報告数が、

過去10年の同じ時期に比べて

最多記録を更新しました。

 

都道府県では島根県が多く、

出雲、浜田、松江地域

警戒を呼び掛けています。

 

冬でも流行している理由として

温水プールの普及を上げています。

予想であり、はっきりとした原因がつかめていません。

 

エクササイズや子供の休みに

温水プールを使用する際は、

十分に注意してください。

 

大人への感染力は?

 

プール熱 大人 感染力

 

子供がかかると思われがちですが、

大人もかかる可能性が十分にあります。

かかってしまうと仕事や育児への影響も出ます。

 

プール熱を引き起こす

アンデノウイルスは

感染力が強いです。

 

大人を含む人への感染経路は2つあります。

飛沫感染と接触感染です。

大人の場合は子供からうつることが多いです。

 

飛沫感染とは、

せきやくしゃみをした時に

飛んだ唾液から感染する経路です。

 

接触感染とは

皮膚が直接触れたり、タオルなどを介して感染した場合も

接触感染になります。

 

子供への愛情表現でキスや接触を多くしたくなりますが、

プール熱が治っても2週間くらいは

ウイルスがいるので控えてください。

Sponsored Link

 

病院は何科へ?

 

プール熱 大人 病院 何科

 

大人がかかってしまった場合には、

耳鼻咽喉科、内科、眼科

行くのが良いです。

 

ちなみに子供がかかった場合には

小児科が良いようです。

親子での感染には十分に注意したいですね。

 

普通の熱と見分ける為に

症状を知っておくと

病院にいく判断になると思います。

 

プール熱の症状は、

目の充血、喉の痛み、38度以上の高熱が続く

ことが挙げられます。

 

また、大人の場合には

喉の痛みや腫れが

ひどくなる傾向にあります。

 

治療と出勤停止期間は?

 

プール熱 大人 治療 出勤停止

 

プール熱にかかってしまった場合は

病院に行き、薬をもらい

安静にするのが一番です。

 

ワクチン等がないため、

症状を和らげる薬を飲み、

回復をまつ治療方法を取ります。

 

また、感染力が強いため

仕事なども出来れば

休むことが望ましいです。

 

これは職場に感染を広げないためにも

勇気を持って休むことを

強くお勧めします。

 

症状が治まってから

2日間は出勤しないのが

大切です。

 

発症期間も含めて

10日間ほど見込んだ方がいいです。

仕事も重要ですが自分や周りのためでもあります。

 

感染しないことが一番なので

予防方法を紹介していきます。

体調管理は予防が大切です。

 

プール熱 大人 治療 出勤

 

石鹸やアルコールを使用した手洗い、

うがい、接触する時はマスクや使い捨て手袋を使う。

タオルやハンカチを別々にし、洗濯も別で行うことです。

Sponsored Link

最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

アメフト選手の身体能力が半端じゃない!!

犬と猫がかわいすぎるww

短時間でリフレッシュ!!

恋愛心理テスト!!

スーパープレイ集!!

ちっちゃいおじさんはいた!?

このページの先頭へ