【ボクシング】ギネスなるか!?亀田のタイトルマッチ

Sponsored Link

IBF世界スーパーフライ級王座決定戦

亀田亀田大毅(亀田)

  VS

ロドリゴ・ゲレロ(メキシコ)

 

7/23に長男の亀田興毅がバンタム級で7度目の防衛に成功している

8/1に三男の亀田和毅がWBOバンタム級タイトルに初めて挑戦し、見事に王座に君臨した

世界で初となる「三兄弟世界王者」の偉業を成し遂げた

ギネスレコードにも認められた記録となって、亀田家の長年の夢を果たした

そして、亀田三兄弟の三カ月におよぶ世界戦の大トリを努めるのは次男の亀田大毅である

亀田大毅がこの試合に勝利すれば「世界初の三兄弟同時世界王者」が実現する

注目の対戦王者はロドリゴ・ゲレロである

 

○亀田大毅

0738105001155211172

通称:浪速乃弁慶

1989年1月6日生まれの24歳

身長は167cmでスタイルは右ファイターである

プロボクシングの戦績は以下のとおりである

総試合数:31、勝ち:28、KO勝ち:18、負け:3

ちなみにアマチュア時代の戦績は以下のとおりである

Sponsored Link

総試合数:15、勝ち:13、KO勝ち:4、負け:2

獲得タイトル

第71代WBA世界フライ級王座(防衛2回、返上)

WBAインターナショナルスーパーフライ級王座

小学生のころからボクシングを始める

全日本実業団選手権バンタム級優勝を史上最年少の15歳3カ月で成し遂げている

その後に協栄ボクシングジムに入門する

内藤大助と対戦したが大差の判定負けを喫する

この試合の反則行為で1年間のボクサーライセンスの停止余分を受けた

協栄ジムとの契約を解除されてからは亀田ジムの設立に伴い亀田ジムの所属選手になった

ライセンス停止を経て数々の試合をこなし今回の対戦に臨む

 

 

○ロドリゴ・ゲレロ

2013082701001785

YouTubeに動画があったので参考になれば

1998年生まれ25歳

総試合数:24戦、勝ち:19、KO勝ち:12、分け:1、負け:4

KO負けは一度もなく打たれ強い選手といえる

元IBFスーパーフライ級王座

 

今回の対戦はスーパーフライ級王座のファン・カルロス・サンチェス(王座)が

ロベルト・ソーサ(アルゼンチン)との指名試合で計量失格で王座をはく奪された

試合には勝利したが王座が空位となったため元王座で同級4位のゲレロと

同級3位の亀田大毅に王座決定戦を行うように通達したことで決まった

Sponsored Link

最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

アメフト選手の身体能力が半端じゃない!!

犬と猫がかわいすぎるww

短時間でリフレッシュ!!

恋愛心理テスト!!

スーパープレイ集!!

ちっちゃいおじさんはいた!?

このページの先頭へ