かぼすブリを大分県で食べるならこの旅館!東京でも販売?旬はいつ?

青空レストランや鉄腕ダッシュで「かぼすブリ」が紹介されていました。

大分が名産の「かぼす」というミカンの仲間をブリに与えます。

それを食べて育ったブリを「かぼすブリ」と言い、紹介されました。

 

味としては風味が良くなり、さっぱりとした味になります。

折角ならと思い、大分で食べれる旅館を探しました。

東京での情報もまとめました。旬も紹介するので食べる時の目安にしてください。

 

かぼすブリがある大分県の旅館は?

 

旅館の外観があったので載せておきます。

 

Sponsored Link

 

かぼすブリを扱っている旅館を探しました。

かぼすブリ 大分県 旅館

 

民宿になりますが1つありました。

その名も「民宿 戸高」です。

しかも1日1グループの宿泊です。

 

・1泊2食:¥8000~

・1泊朝食:¥4500~

・素泊まり:¥4000~

 

値段は普通から少し安いくらいだと思います。

かぼすブリを食べるには2食付きの宿泊が必要だと思います。

旅館でゆっくりしながら大分を観光するのも良さそうです。

 

・ホテル金水苑

・旬彩 まるた

・魚彩 さくら亭

 

・錦寿司

・幸寿司

・寿司割烹 亀八寿司

 

そのほか上にあげたお店でかぼすブリを堪能することができます。

県外の方は旅館やホテルでかぼすブリを味わって、

併せて大分を観光するのもリフレッシュになっていいかもしれません。

 

他は回らない寿司が多いので近くの方も

特別な贅沢として意気込んで行くことが多くなりそうです。

ぜひ、下の旬の時期まで資金を貯めて楽しんで食べてほしいです。

 

東京でも販売している?

 

東京では産地から遠いと思われがちですが、

衝撃の事実が発覚しました。

大分より東京の方が食べやすいということです。

 

かぼすブリは県内よりも

消費者が多い、都市圏の関東や関西で

多く食べられています。

 

 

梅丘寿司の美登利総本店で食べることができます。

お店は世田谷区梅丘1-20-7です。

贅沢なひと時が過ごせそうですね。

Sponsored Link

 

ここはちょっと敷居が高いという方は

居酒屋はなの舞をオススメします。

こちらでも食べることができます。

 

はなの舞は全国に展開しているので

もしかしたら他の地域でも食べることができるかもしれません。

一度行った際には確認してみると良いかもしれませんね。

 

大分の地元よりも都市圏の方が身近に食べられるのは驚きですね。

さすが東京!と思いました。

大分はこのことを受け地元でも消費を伸ばそうと対策を取ったのも事実です。

 

それでも、都市圏への出荷は減ることがないと思うので

都市圏の方々は安心して堪能してください。

 

旬はいつ?

 

かぼすブリ 旬

 

旬は冬です。

出荷が11月~3月となっています。

冬の脂が乗った時期ということです。

 

かぼすの効果でさっぱりとした味わいになります。

旬で脂がのってもしつこくなく、あっさりと

食を楽しむことができるのが特徴です。

 

かぼすブリ 旬 冬

 

これだと旬の時期に多く食べたくなりますね。

出荷の時は5~6kgの大きさになるそうです。

身も締まっているようなのでかなり味には期待できそうです。

 

有名な寒ブリの旬が12月~2月ころなので

かぼすブリもこれに併せて食べに行くのが良いと思います。

旬というか出荷が11月~3月ということはこの時期しか食べれない貴重さがあります。

 

かぼすブリ

 

ブリという一般的な魚に「×かぼす」で特殊な価値を生んだ

大分は素晴らしいと思います。

ぜひとも来年の冬にはかぼすブリを堪能したいと思いました。

Sponsored Link

最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

アメフト選手の身体能力が半端じゃない!!

犬と猫がかわいすぎるww

短時間でリフレッシュ!!

恋愛心理テスト!!

スーパープレイ集!!

ちっちゃいおじさんはいた!?

このページの先頭へ