ゾンビプレーンとは?航空機のゴーストシップ版!過去の例をまとめ!

未だにマレーシア航空機の発見には至っていません。

テレビ番組で「ゾンビプレーン」と称されました。

初めて聞く言葉ですね。

 

雰囲気からゴーストシップの航空機版だと考えられます。

そこでゾンビプレーンとゴーストシップを解説します。

過去の起こった例もまとめていきます。

 

ゾンビプレーンとは?

 

テレビ朝日の「報道ステーションSUNDAY」で、

「航空機がパイロットを失い、ゾンビのように

燃料が尽きるまで飛び続ける現象」と解説しています。

 

パイロットを失う理由までは解説されていませんでした。

主に考えられるのが機長の意識不明です。

患っている場合には危険です。

 

本人が気づいていない場合には、

突然に意識を失うかもしれません。

そのための副操縦士でもあります。

 

航空機事故では、毎回解明が難航します。

そのため、詳しいことは分かりませんが

ゾンビプレーンは人が操縦できない状況を指しています。

 

これもある意味ゾンビプレーンです!

Sponsored Link

 

World War Z – “Airplane Attack” Clip

 

ゾンビが出るので苦手な方は注意して下さい。

映画「ワールドウォーZ」のワンシーンです。

これではゾンビに乗っ取られるプレーンです!

 

ゴーストシップとは?

 

ゾンビプレーン ゴーストシップ

 

ゴーストシップの方が有名の言葉です。

それはホラー映画で同じ名前であったからです。

ホラーは苦手なので動画は載せません。

 

ホラー映画のほかに、

バイオハザード関係で

ゴーストシップという言葉があります。

 

さて、気を取り直して

Sponsored Link

「ゴーストシップ」の言葉の意味を

解説していきます。

 

意味は、

船長等の操縦士を失い、海をさまよい続ける船です。

ゾンビシップと同じ意味合いですね。

 

船は燃料がなくなっても、

潮の流れでいつまでもさまよう可能性があります。

あてもなくさまようのでまさにゴーストですね。

 

海も広大なので一度見失ったら

捜索が難航しそうですね。

漂着するか、偶然他の船に発見されるまでさまよいそうです。

 

過去の例は?

 

これらの話をまとめていて

真っ先に「バミューダトライアングル」

イメージしました。

 

そこでこの海域の事件をまとめていきます。

飛行機の行方不明が有名ですが、

船の行方不明も発生しているようです。

 

ゾンビプレーン 過去 例

 

場所はアメリカの東側、

バミューダ、プエルトリコ、フロリダを結んだ

三角形の海域です。

 

突然として航空機や船が消息を絶つ海域で有名です。

100年以上前から事件が起こっています。

あまりにも有名でメディアで取り上げられることもあります。

 

特に有名なのが

アメリカ海軍のアヴェンジャー雷撃機の例があります。

下の動画がその例を紹介しています。

 

 

動画はすこし怖い雰囲気があるので

苦手な方は注意してください。

悪天候と経験不足が原因とも考えられています。

 

バミューダトライアングルがあまりにも

有名になりすぎて、別の海域の事故も

この怪奇現象としたものもありました。

 

世界にはまだまだ多くの謎が残っていると思います。

恐怖を感じるものもあるので

調べる時には注意が必要です。

Sponsored Link

最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

アメフト選手の身体能力が半端じゃない!!

犬と猫がかわいすぎるww

短時間でリフレッシュ!!

恋愛心理テスト!!

スーパープレイ集!!

ちっちゃいおじさんはいた!?

このページの先頭へ