直葬とは?意味と香典費用は?増加理由と戒名の注意点のまとめ!

テレビ朝日で直葬が報道されたようです。

そこで直葬とはどんな葬儀なのかを調べてみました。

また、どんな意味合いが含まれるのか背景も見ていきます。

 

そのほか実際に行う時の細かい部分も調べていきます。

賛否の考えたがありますが、

一つの方法として知るためにまとめていきます。

 

直葬とは?

 

お坊さんが直葬に関して語っています。

 

Sponsored Link

直葬・家族葬

 

直葬に対して少し残念だという考え方のようですね。

お坊さんだからというのもありそうですが、

なかなか心に響く言葉です。

 

さて、直葬とは、

お通夜や告別式を行わないで

直接、火葬場で火葬する葬儀を指します。

 

僧侶を呼ばないことも多いようです。

お通夜、告別式がないことで、

時間や費用を短縮できるメリットがあります。

 

費用は平均で18万円です。

一般的なお葬式では200万円程です。

かなり安く抑えられます。

 

一方で、身内だけ行うことが多く、

遠い親戚などから反感を買ってしまうこともありそうです。

また、遺族やお寺、お墓などで注意点もあります。

 

意味合いと費用などは?

 

直葬 意味 費用

 

直葬の意味合いとしては、

よりシンプルな葬儀で

遺族の精神的負担や、経済的負担を減らすことです。

 

もちろん、故人の意見が

尊重されることが前提になります。

故人に聞けなかった時は家族で決める時もあります。

 

お通夜や告別式の準備に追われずに

ゆっくりと故人とお別れができるという

一面を活かしています。

 

費用は、18万円からです。

火葬場への移動だけなら

この価格です。

 

また、遺族の方の希望で

葬儀所への宿泊などの

オプションが可能です。

 

オプションにもよりますが

それらを含めても

80万円程で葬儀を行うことができます。

 

お香典に関しては、

一般的な葬儀と変わりません。

包みすぎないのが良いかもしれませんね。

Sponsored Link

 

増加理由が深刻!

 

直葬 増加 理由

 

先ほどもちらっと言いましたが、

増加傾向の一つに

霊魂の存在を信じなくなったのが一つです。

 

他にも、故人が生前に臨んで家族に伝える例もあります。

そして、深刻なのが葬儀費用に対する経済負担と

地域での人間関係の希薄さです。

 

経済的負担が原因で

高額な葬儀費用を払えないこともあります。

これはすごく残念に感じてしまいます。

 

人間関係の希薄さも

このような形で現れるとは思いませんでした。

現代の問題が露呈したように感じます。

 

人間関係が希薄になり、

参列者が減ったり、人を呼ぶ必要性が薄いようです。

少し現代社会の寂しさを感じます。

 

特に、都市部で顕著なようです。

実際に関東では、

直葬の割合が22%に上っています。

 

戒名などの注意点のまとめ!

 

直葬 戒名 注意点

 

最後に直葬を行う上での注意点をまとめていきます。

注意点を知ることで、

直葬のリスクを避けることができます。

 

戒名とは亡くなった方が

仏に弟子入りする時につける名前です。

お坊さんなどに付けてもらうことができます。

 

直葬が増えたこと、

進行への考え方により付けない方もいるようです。

本来は付けるべきですが付けないということも可能です。

 

他には、安置所が必要であることです。

亡くなってから24時間は火葬ができないためです。

安置所の宿泊費も必要です。

 

また、お寺にお墓がある場合は相談した方が良いです。

勝手に直葬を行うと、

納骨させてもらえないことがあるようです。

 

さまざまな理由で直葬を行うことが考えられます。

これも新しい文化ですね。

新しいことだからさまざまな問題も起こります。

 

ぜひ、周りと相談して、

円滑な最後を故人のために

用意してあげたいですね。

Sponsored Link

最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

アメフト選手の身体能力が半端じゃない!!

犬と猫がかわいすぎるww

短時間でリフレッシュ!!

恋愛心理テスト!!

スーパープレイ集!!

ちっちゃいおじさんはいた!?

このページの先頭へ