戦艦大和の沈没している場所はどこ?引き上げられない理由が気になる。今後の調査にも期待している!

戦艦大和 沈没 場所    引き上げ 理由

 

NHKニュースで
広島県呉市が戦艦大和の
調査をしたことが報じられていました。

 

日本の戦艦では
一番と言っていいほど有名で、
世界でも知名度がありそうです。

 

そんな戦艦大和について
自分が気になった点も加えて
調べてみました。

 

戦艦大和の沈没している場所はどこ?

 

戦艦大和 沈没 場所    引き上げ 理由

 

戦艦大和が沈没している場所は、
鹿児島県の坊ノ岬沖です。
北緯30度43分 東経128度04分の
水深345mの位置です。

 

Sponsored Link

 

これは、
沖縄の特攻作戦に向かう途中、
アメリカ軍の集中砲火に遭い、
沈没した位置です。

 

自分の中では、
戦艦大和というと、
力強いイメージがありました。

 

しかし、集中砲火を受けた際には、
アメリカ軍に弱点を研究されれ、
なすすべもなく、沈んだということを知った時に、
イメージと少し違うと感じました。

 

このギャップが
悲しげで、さみしい感情に
なりました。

Sponsored Link

 

引き上げられない理由が気になる。

 

戦艦大和 沈没 場所    引き上げ 理由

 

自分としては、
海底の調査を進めると同時に
引き上げる計画があっても
良さそうだなぁと思いました。

 

しかし、実際には、
引き上げていません。
そこには何かの理由があると思い、
調べてみました。

 

主な理由として、以下の2点がありました。
・沈没した戦艦は墓標としての意味がある。
・引き上げる費用とその後の管理の問題がある。

 

一つ目の墓標としての意味は
初めて知りました。

 

世界で沈没している
戦艦でも同様に引き上げず、
墓標として軍が管理している例がありました。

 

二つ目については、
腐敗している鉄の塊を
345mの海底から引き上げる費用や、
その後の管理はどこがするのかという点です。

 

また、費用を払ってまで
引き上げる理由がないという意見も多く見られました。

 

自分は、主に一つ目の理由に納得し、
引き上げずに
そっとしておくのが良いのかなぁと改めました。

 

今後の調査にも期待している!

 

戦艦大和 沈没 場所    引き上げ 理由

 

今回の調査では、
戦艦大和の部品が想定よりも
広範囲に散乱していることがわかりました。
そのため、調査範囲を拡大しました。

 

50時間近くにも及ぶ動画の撮影を分析し、
2016年9月に公開予定です。
これは楽しみにしています。

Sponsored Link

最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

アメフト選手の身体能力が半端じゃない!!

犬と猫がかわいすぎるww

短時間でリフレッシュ!!

恋愛心理テスト!!

スーパープレイ集!!

ちっちゃいおじさんはいた!?

このページの先頭へ