ヒ素は自然由来のものなのだろうか?土壌の原因も調べてみた!危険性があるのかな。

ヒ素 自然由来 土壌 原因 危険

 

築地の移転地として、
豊洲市場が整備されています。

 

その青果棟の
地下空洞から
微量なヒ素が
検出されました。

 

検出量も
環境基準の数値より
低いため、
すぐに心配する必要はないです。

 

そのため、
この機会に
ヒ素について正しい知識を
付けたく、調べてみました。

 

ヒ素は自然由来のものなのだろうか?

 

ヒ素 自然由来 土壌 原因 危険

 

一般的なヒ素は、
人をはじめとして
生物に毒性を示します。

 

しかし、一部のヒ素は
魚介類に含まれていたり、
人の体内にも微量に存在します。
それらのヒ素は無毒です。

 

このように、
生物が含んでいるヒ素は、
自然由来だと考えることができます。

 

今回、検出された
「ヒ素」については、
有毒なのか無毒なのかは
はっきり公開されていません。

 

Sponsored Link

 

自分の考えでは、
有毒のヒ素なんじゃないかなぁ
と考えています。

 

有毒でなければ、
わざわざ、検査をしたり、
公開したりしないと
思うからです。

 

そして、基準値を
はるかに下回っているますが、
きちんとニュースとして
報じられたことは安心を感じます。

 

最近では、
多くのことが、
公開されるようになりました。

 

そのため、
今回のように、
基準値を下回っていても
報告してくれるというのは、

 

最近の流れを
汲んでいるなぁ
と安心しました。

 

土壌の原因も調べてみた!

 

ヒ素 自然由来 土壌 原因 危険

 

土壌の原因には、
主に二つがあります。
自然現象による原因
人為的な原因

 

Sponsored Link

自然現象により、
土壌のヒ素が
検出される場合があります。

 

これについては、
自然現象なので、
人の原因ではありません。

 

問題は、
もう一つの
人為的な原因です。

 

こちらは、
人の生活活動によって
発生したヒ素が
土壌を汚染してしまうことです。

 

土壌汚染も
立派な環境汚染だと
思います。

 

そのため、
工場や生産活動は
本当に気を使わなければ
ならないなぁと感じます。

 

工場の直下だけでなく、
河川がや地下水を通って、
広範囲に被害が
及ばないように気を付けなければなりません。

 

今回の原因が
どちらかは、
わかりませんでした。

 

今回の検出を教訓に
さらに環境問題に
目を向ける機会になってほしいです。

 

危険性があるのかな。

 

ヒ素 自然由来 土壌 原因 危険

 

毒性のあるヒ素は
100~300mg(0.1~0.3グラム)で
死に至るようです。

 

しかし、体格や年齢などにより、
もっと少ない量でも
最悪な場合があります。

 

今回の検出量は、
0.004mgです。

 

ヒ素には注意が必要ですが、
今回の量では
死に至るということは
ないと思います。

 

今回、検出された場所が、
市場の建設地ということで、
食にかかわる部分です。

 

そのため、
余計に神経質になってしまうかもしれません。

 

安全対策が
気になるところです。
今後にも注目していきます。

 

他にも日常に関する
記事があります。
よかったらこちらもどうぞ!!

 

LINEモバイルの機種(端末)は何があるだろうか?格安SIMの料金を比較してみた!会社が多くて混乱しそう。

Sponsored Link

最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

アメフト選手の身体能力が半端じゃない!!

犬と猫がかわいすぎるww

短時間でリフレッシュ!!

恋愛心理テスト!!

スーパープレイ集!!

ちっちゃいおじさんはいた!?

このページの先頭へ