東京モーターショーのホンダトヨタスバル日産スズキマツダの出展車!

Sponsored Link

東京モーターショーが開催されます

プレビューナイトは11月22日 17:30~22:00

一般公開は11月23~12月1日です

各社の出展車について紹介していきます

 

ホンダの出展車

 

 

ホンダのコンセプトは「枠にはまるな。」です

目玉は「NSX CONCEPT」と「次世代ビート」ですね

この二つはコンセプトモデルで他にも市販予定車も展示されます

 

NSXはハイブリッドモデルでミッドシップレイアウトに電子制御と

最新技術を惜しみなく盛り込んだ次世代スポーツカーの

スペックを持っていて販売になるか楽しみな車種です

次世代ビートは「Honda S660 CONCEPT」の名で展示されます

 

インテリアはドライバーの事を第一に考え

外観はスポーツカーを主張するような力強いデザインになっています

発売予定車には「N-WGN」と「VEZEL」が展示されます

 

N-WGNはN-BOXの派生車となりそうです

VEZELはSUVとクーペを合わせたような車で実用性、走行性ともに高次元で実現を目指しています

 

トヨタの出展車

 

 

トヨタは水素燃料車、TAXI、新型ビークル(1名乗車)を

コンセプトモデルとして展示します

1名乗車のビークルが斬新だと思います

 

 

紹介動画がありました

まさに未来の乗り物といった感じです

立って乗るというのが安定性に不安を感じます

 

まさにモーターショーといった感じの車両です

FT-86のオープンタイプのコンセプトモデルも展示します

ジュネーブモーターショーでも展示しています

それらの経緯から販売に至れば話題も出来ると思います

 

スバルの展示車

 

Sponsored Link

 

目玉車は「LEVORG(レヴォーグ)」です

レガシィの後継モデルにあたり

新型スポーツツアラーです

 

レガシィは初代が発売されてから1度も

フルモデルチェンジを行っていないようです(初めて知りました)

2014年にモデルチェンジを予定しているようでその後継モデルの展示になります

 

走行性能を高次元で維持しつつも燃費は17.4km/L

と環境性能も高次元で達成しました

グレードではターボのグレードも設定しています

 

日産の展示車

 

 

1990年以降に生まれた世代の「ジェネレーションZ」と呼ばれる

若者と全く新しく共同創造(コ・クリエーション)を行いました

それによって生まれた2台の車を展示します

 

見た目は旧車とも言えそうな外見ですが

中身は近未来的といった雰囲気です

また、一台はスポーツを意識してかなりスポーティな仕上がりになっています

 

人気のGT-RやフェアレディZのnismoチューンや

ファミリーカーの電気自動車なども展示されます

日産独自のEVも展示されます

 

スズキの展示車

 

 

コンセプトカーではSUVの

さまざまなタイプを展示します

なんと6種類です

 

 

バイクメーカーであるため

バイクも展示して同じく6種類展示します

また、レースの「motoGP」参戦用に開発した車両も展示します

 

マツダの展示車

 

 

マツダのテーマは

「Be a driver.~マツダは『走る歓び』で世界へ挑む」です

アクセラのニューモデルを展示します

 

代表取締役兼CEOの小飼雅道がプレゼンを行いました

2016年3月までに5車種の新世代商品を導入することを

発表しました

Sponsored Link

最後までお読みいただきありがとうございます!

この情報がお役に立てれば嬉しいです!
いいね!やツイートなどシェアしていただければ嬉しいです♪

コメントを残す

サブコンテンツ

アメフト選手の身体能力が半端じゃない!!

犬と猫がかわいすぎるww

短時間でリフレッシュ!!

恋愛心理テスト!!

スーパープレイ集!!

ちっちゃいおじさんはいた!?

このページの先頭へ